• アークジオサポートTOP
  • 事業・実績
  • システム紹介
  • 会社概要
  • お問い合わせ

技術研究開発

底質区分プログラム

C3D-LPMの収録データからカテゴリーごとに底質を区域分類します。

底質区分図を作成するため、ピストンコアラー・ドレッジ・採泥機などを用いて試料を採取します。

AGS独自に開発した底質区分プログラムは、従来の反射強度データによる底質区分ではなく、C3Dに代表されるインターフェロメトリ方式で同時収録されたデータ(反射強度データおよび3次元地形データ)を最大限に活用し、底質をより高い精度で区分するものです。

一度の計測で海底地形の把握と底質の把握を行うことができるため、広範囲における調査では作業期間の短縮とコストの圧縮を行うことが可能となります。また、底質区分により海底における組成の違いを面的に捉えることができるため、環境影響調査への応用や魚礁設置の適地選定、構造物設置のための事前・事後・出来形調査などへの応用が考えられます。

底質区分プログラム
お問い合わせフォームはこちら
東日本大震災復興事業
復興事業
2011年3月11日、東日本大震災が発生し、気仙沼にも例外なく大きな津波が押し寄せ、甚大な被害をもたらしました。このような…
≫続きを見る
ブログ